篤があつしに変わるまで8『意味不明な30万円の支払請求』

このエピソードからお読みの方は、 『篤があつしに変わるまで 0 プロローグ』 からお読みください。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

「え! 30万円!?」
「はい、そうです。ただ、これは前受け金ではありませんので、成功しても成果報酬を別途いただく、ということはありませんのでご安心ください」

「ちょ、ちょっと待ってください。おっしゃる意味がさっぱりわかりません。これって自費出版なんですか?」
「いえいえ、まさか。たった30万円で自費出版はできませんよ、ハハハ。自費で出すと、最低でもその10倍、300万円はかかります。もちろん、しかるべきところから、しかるべき形で出版されると思います。当然、大村さんのもとには印税も入ります。無事出版されればですが」

 しかるべきところ?
 なにを言ってるんだ、この人?
 品川出版が出版してくるんだろう?

 無事出版されれば?
 原稿が完成すれば出版してくれるんじゃなかったのか?

 実は、ボクはこのあとのやり取りを正確には記憶していない。80%の落胆と20%の混乱の中で、かなり取り乱していたことは想像に難くないが……。

 そして、訳もわからぬまま30万円を支払うことには同意し、6桁しか桁幅のない預金通帳の中から、翌日には指定の口座にとりあえず振り込みを済ませたのであった。

 さて、ここまで連載をお読みの方は、ボクが詐欺にでもあったかとお思いだろう。
 もちろん、詐欺まがいであることは間違いないが、厳密には詐欺ではない。
 ボクの無知と福島社長の「お調子者」な性格が巻き起こした「悲劇」と言ったほうが正確だろう。

 そう、やはりそう簡単に本など出版できるはずは、最初からなかったのだ。

 一体、福島社長なる人物は何者なのか。
 実は、これまでのボク達のやり取りの中にも、そのヒントは随所に隠されている。
 ただ、無知なボクがそれに気付かなかっただけのこと。

 では、その謎解きはまたのお話。

→ 9話『品川出版の謎』へ